ご訪問いただきありがとうございます。
 
SNS愛され集客コーチの
やまだともこです。
 
 
すごいことが起こりました・・・。
 
なんと
おととい書いたブログ記事が
 
 
普段のブログ更新時の
30倍以上のアクセス・・・。
 
 
みんな好きなのね。辛口。。^^;;
 
 
→だから売れねーんだよ。
 
 
 
前回は
強気に偉そうなことを言ったので
 
 
 
今回は
弱い自分の自己開示記事を
書いてみます。
 
 
 
 
 

私がやったって、、、

 
 
起業直前の方を相手にコンサルをしていると
 
 
「私がセミナーをしたって
来たいと思う人なんて
いないんじゃないでしょうか?」
 
 
とか
 
 
「私よりもすごい人はいるから
私のレベルの知識では
まだ教えちゃいけない気がする」
 
 
とか
 
 

 
 
まーまーまーまー
 
よく、聞きます。笑
 
 
 
起業直前の悩みの
最多ワードかもしれませんね。
 
 
 
 
でも、その言葉を聞くと
 
私は
 
苦笑いしかできません。^^;;
 
 
 
 
 

私は誰よりも・・・

 
 
「ともこさんは、すごい」
 
「ともちゃんみたいに、なりたい」
 
 
そんな言葉を言ってくださる
 
後輩や生徒ちゃんや
クライアントさんや
起業家仲間や・・・
 
 
今の私は
そんなありがたい方々に
囲まれています。
 
 
本当に、ありがたいです。
 
 
 
 
 
 
あのね・・・
 
特に今はもう
隠すこともしていない
 
近い人は知っている
事実があるんですが・・・
 
 
 
 
私は、高卒なんです。
 
 
 
 
 
県立の普通科高校の卒業が
最終学歴です。
 
 
 
志望大学に入学するために
受験勉強をがんばったことも、ない。
 
 
普通運転免許以外の
資格も持っていないし
 
英検は3級だし
 
 
高卒で入った会社は
ベンチャー企業で
 
 
ひたすらPCにだけ向かうような
コミュニケーション力が
育たないような仕事。
 
 
社会人生活の中では
大企業はもちろん
他の会社の仕組みもほとんどわからず
 
 
 
そんなわけで
 
私は、誰よりも何も持っていない。
 
と、思っています。
 
 
 
しいて挙げるとすれば
 
 
子どもにイライラして
怒ってばかりいたという実績。
 
 
決して自慢できるような実績では
ないやつです。
 
 
 
そんな私が
 
起業したときにつけた肩書きは
 
「元・怒りんぼかーさん」で。
 
これだって、自称。ですよ。
 
誰から認定されたわけでもない。
 
 
 
ただ、
自分が受講した
プレシャス・マミー講座の内容に
ただただ感動して。
 
それを広めたくって
認定講師の資格をとって。
 
 
私はただそれだけで
起業したんです。
 
 
 
 
だから
 
 
「私がセミナーをしたって
来たいと思う人なんて
いないんじゃないでしょうか?」
 
 
とか
 
 
「私よりもすごい人はいるから
私のレベルの知識では
まだ教えちゃいけない気がする」
 
 
とか
 
 
そんなことは
私が、思ってることだってば!!
 
 

 
 
そんな私が開講している
プレシャス・マミーの
子育て講座に来ている生徒ちゃんには
 
 
お医者さんも
弁護士さんも
会計士さんも
学校の先生も
看護師さんも
保育士さんも
幼稚園の先生も
有名国立大卒の人も
TOEIC満点の人も
 
 :
 :
 :
 
 
もう、書ききれないくらいの
 
なんだかすごい方々が
たくさんいます。
 
 
そんな人たちに
 
高卒の私が
講師として、接しています。
 
 
わかる?
このプレッシャー・・・。^^;;
 
 
 
 
 
 

は?なにを考えてるの?

 
 
そして
 
子育て講師として起業して
半年後・・・
 
 
さらに大きなことが
起こりました。
 
 
 
それは
 
「起業塾の開講」
 
です。
 
 
 
W講師でのコラボとはいえ
 
起業塾を?起業半年の私が??
 
 
 
ビジネスパートナーの
川田治さんに
この話を持ち掛けられたときには
 
 
「は?なに考えてるの??無理です!」
 
 
と言ってしまいました。
 
 
 
 
しかも
 
今度は既存プログラムの認定講師ではなく
オリジナルコンテンツでの開講です。
 
 
 
しかも
私自身、起業塾に通った経験も
なかったんです。
 
 
 
「何を教えりゃーいいの?」
 
「私のレベルで
教えられることなんて、ない。」
 
 
 
と、心から思った
 
この気持ちを
わかっていただけるでしょうか・・・。
 
 
 
 
 
 

でも、あるじゃん。

 
 
 
そんな、自信の持てない私に
 
 
「でも、ともちゃんは文章が上手じゃん!」
 
「でも、ともちゃんの笑顔ってステキだよ!」
 
 
 
と言ってくださる方々がいて
本当にありがたかったです。
 
 
 
 
でもね
 
そんな言葉を言われたって
 
 
 
文章を習ったこともない。
 
文章で賞を取ったこともない。
 
ついでに言えば、本を読むのもニガテ。
 
 
 
笑顔がステキっていうのもさぁ、、
 
どんな人だって
笑顔はステキでしょ・・?
 
 
 
と思っていました。
 
 
 
申し訳ないけれど
そんな言葉は
私の自信には
全然つながりませんでした。
 
 
 
 
それでも「やる」と決めて
開講をしてみたら
 
 
 
現在、開講するセミナーは
ほとんど満席だし
 
連続講座としている起業塾も
もうすぐ4期目を開講するに至り
 
ありがたいことに
超実践型起業塾4期は
開講の3週間以上前に
満席となりました。
 
 
(愛すべき最高の3期メンバー!)
 
 
こんなふうに
「やる」と決めて
続けられている理由は
 
 
パートナーや
生徒ちゃんや
周りにいる人たちが
 
 
「ともちゃんだからいいんじゃん!」
 
「ともちゃんならできるよ」
 
 
と信じ続けて
くれているからです。
 
 
本当に、それだけ。
 
 
それに、尽きるのです。
 
 
 
 
 

だから、私は信じる。

 
 
さっきも書いた通り
 
私は、誰よりも何も持っていない。
 
と、思っています。
 
 
今でも、思っています。
 
 
 
だから
 
 
 
「私がセミナーをしたって
来たいと思う人なんて
いないんじゃないでしょうか?」
 
 
とか
 
 
「私よりもすごい人はいるから
私のレベルの知識では
まだ教えちゃいけない気がする」
 
 
とかの言葉を聞くと
 
 
 
「いやぁ、、、私よりあるでしょう?」
 
と、思う。
 
 
 
もしくは
 
「私と同じじゃーん。」
 
ですよ。
 
 
 
「起業をしたい」
 
「広めたいコンテンツがある」
 
 
 
その強い気持ちさえあれば
 
どうにでも、なる。
 
 
 
 
 
 
「だって、私ができたんだよ?」
 
「あなたにできないはずはないでしょう?」
 
 
 
と、思っています。心から。
 
 
私は、自分がそうされてきたように
今現在も、そうされているように
 
 
本気で起業したいあなたを
「できるはずだ」と信じています。
 
 

 
 
 
最後に
 
先日、起業塾の生徒ちゃんから
言われた言葉が
 
すっごく胸に響いたので
シェアします。
 
 
 
彼女は
どこかの認定講師でもないし
目立つ資格や実績を持っているわけでもなく
 
 
でも
 
初めてのオリジナルセミナーを
満席で開講しました。
 
 
 
その彼女の言った言葉は
 
 
「私がセミナーを開こうと思えたのは
ともちゃんと治さんが
私を信じて関わってくれたからです。」
 
 
でした。
 
 
 
 
 
それを聞いた私が
彼女に対して思ったことは、
 
 
「あたりまえじゃん。信じるよ!」
 
「だって、私ができたんだもん。」
 
「あなたに、できないわけがないでしょう?」
 
 
です。
 
 
 
 
私は、誰に対しても
その人が本気で進もうとしているのであれば
 
この先も、その力を信じ続けます。
 
 
絶対、売れる。ってね♡
 
 
「私なんかが、、、」なんてセリフは
笑い飛ばしちゃうからー!
 

 
 
超実践型起業塾では
 
そんなふうに
 
本気で進みたい人を
全力で信じて応援します。
 
 
 
 
来週開講の4期は満席ですが
 
 
こんな暑苦しい講師2人が
毎月第4水曜日に
ランチ会をしています。
 
こんな暑苦しさに
触れてみたくなったら
 
こちらにぜひご参加ください♡
~グループコンサル付き~
ママ起業家のビジネスが進む
ご褒美ランチ会 @ 青山