キャッチという仕事があります

声をかけられたことありますか?(昔かもですが苦笑)

路上で「道を通行している人に居酒屋などの

お店のお客さんになってもらうために

街路上で誘い、店に連れこもうとする人」のことです。

 

今は地域によって

条例で禁止されているところも多いと思いますが。

数年前、歌舞伎町や池袋では、

夜ホストが街に出て声をかけてる姿をよく見かけました。

このキャッチで成功率が高いホストには

共通項があるらしく

それは

イケメンでも

話しかけ方でも

洋服のセンスでもなく

「アタックしている回数」なんだそうです

 

これは10年以上トップを走り今やセミナー講師や

出版もされている

ホストの信長さんが話されていたことです。

 

ちなみにホストに限らず、

数多くの恋愛遍歴を築けるモテル男子も

「たくさん行動したか」≒「たくさん告白したから」

なんだそうです

(ワタクシ完全未経験のため、言い切れず汗)

 

でも、こう思ったんですよね

 

これはビジネスでも本質だなと

 

ビジネスでも恋愛でも

たくさん失敗するのが当たり前

です

 

ユニクロの柳井さんは著書「1勝9敗」の中で

「失敗を恐れてはいけない。失敗にこそ成功の目は潜んでいる」

と書かれていますが、10回のうち9回は失敗して当たり前。

失敗しても懲りずに挑戦を続けてこそ成功手に入れるのだと、

ビジネス界の第一人者は話しています。

規模は違いますけど、本当にビジネスで全勝なんてことは

あり得ないって実感しています。

是非「1勝9敗マインドセット」を持ちましょう。

 

 

でも・・・・・・

 

 

そうはいっても、失敗するのは怖いし、

実際に失敗すると次の一歩を踏み出すのに

迷ってしまう気持ちもよくわかります。

では、どうしたらそう思えるでしょうか?

 

いくつか方法がありますが

今回オススメするのは・・

 

 

最初から失敗の回数を多めに決めておくこと

です。

今まで失敗した経験はあると思いますが、

数えたことってありますか?

例えば「100回失敗するまで続けよう」と決めてみます。

そして何か新しいチャレンジをする時に

失敗を、1回、2回と数えていきましょう。

 

例えば僕の場合、セールスするのが本当にニガテでした。

だからコーチングを学んでいた時

「100人までは初回は無料でセッションを提供すること。

100人に有料オファーし続ければ必ずなんとかなるはず!」

と決めて行動し続けました。

もちろん断られて凹むこともありましたが、

100人までは提案し続ける!と決めて行動し続けた結果、

約30回目で有料契約をしてもらえました。

だから、

セミナー告知の回数、広告で損した回数、

チラシ文章の書き直した回数、継続契約をオファーした回数などなど。

是非数えてみてください。

そして心が折れそうになった時、その回数を数えてみてください。

提案を100回すればどんなお客様も理解してくれるはずだし

、商品も100回作り直せば、良いものが絶対にできるし、

チラシもウェブサイトも100回作り直せば

良いものが出来上がるのは間違いありませんから。

超一流のアスリートや最新のテクノロジーを開発する技術者は、

数え切れないくらいの失敗を積み重ねてきています。

同じように成功している起業家は、

普通の人の何倍も失敗していると思います。

 

数を数えていれば、それに比べて

5、6回で諦めようとしている自分が小さく思えてきますし、

「まだ4回しか失敗してない」と客観的に自分を見られます。

そして今まで

案外2、3回で諦めてしまっていることにも気づけますよー。

どんなことでも、改善し続ければ成功しないことはありません。

実際には100回やる!と決めてやり続ければ、

以前の自分と同じように

実際にはその手前で成果が出てきているはず。

そして、たくさんたくさん失敗した後、

すべての問題は解決されリソースになります。

その体験は後に続く人達への大きな勇気になります。

ぜひ「○回までは失敗してもやり続ける!」

と決めてみてください。

その先には必ずお客様の笑顔と、

例えようのない仕事の充実感が待っていますから。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

何か参考になればすごくすごくい嬉しいです。