ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ川田治です

先週のある日の午後は

継続クライアントさんと

外苑前でランチをしてました

そこでされた質問があって

「おさむさん、

起業準備のままの方と

起業できちゃう人の別れ目って

なんだと思いますか?」

なるほど。

その場でも答えたんですが

独立していて尊敬するコーチ仲間や

何人か信頼する先輩に

メッセージで聞いてみました

ある超売れっ子男性コーチは

踏み出す勇気かなって思います」

うん、たしかに

何より

口だけで終わらせないためには

起業日を宣言するというのは

絶対に有効ですね

 

起業日じゃなく

退職日を宣言でも

退職を伝える日を決めるでも

いいと思います

 

尊敬する別の先輩コーチは

起業する“覚悟”もしくは

応援してくれる人がいるかどうか、かな」

 

そうですね

僕の場合も起業時に

マイコーチはいませんでしたが

コンサルを1年間お願いしてました

違う環境に身を置くのって大事だと思います

絶対にすでに自力で

稼いでいる人といた方がいいです

雇われてる人達といても

マインドセットは養えないので

 

またある親しい女性コーチは

覚悟、勇気、度胸

失敗してもいいとか

なんとかなるとかそういう思いかな

最終的には

飛びさせるか出せないかだもんね」

このコーチは別の方に

「3年は冷や飯を食う

覚悟がなければやめた方がいい」

とも

言われたそうです

3年が適正かは置いておいて

失敗してもいいって

より思えるためにも

ある程度の期間は赤字でも

続けていける資金はあった方がいいですよね

最後は敬愛する

継続クライアントさんは

「決断力

(決めてまずやってみる)

  楽観的

(ダメだったらまた考えよー)

準備しすぎて

武器たくさんしょってる人は

たくさん見かけるけど

そのままな人が多いなと思ったなー 

あとは、人望

人の集まる人なら

なんとでもなる気がしたー」

人望、たしかに

この方

全然SNSしてませんが

周囲には毎日人がたくさん訪れてます

全部全く仰る通りだと思いました

さすが説得力があります

最後に僕がランチでお答えした

「決断できるポイント」を

まず

自分で自分の未来に思いを馳せて

「変わる」って決めること

そして

変わるために

何をしていけばいいのかを決めること

ポイントは

現状から考えるんじゃなく

未来から考えることに尽きる

って思ってます

多くの人は

「現状から」で考えてしまってるので

決断って何から何まで自主裁量

他人の力も思考も介在しません

完全な自由意志によって

下されるもの

それが「決断」ですから

自分の未来を創っていくのは

自分しかいません

具体的には定期的に

良いコーチ・コンサルのセッションを受けよう

ってことをオススメします笑

 

最後に26代

アメリカ大統領のルーズベルトの言葉を

「最善の策は正しいことを選ぶこと

次善の策は間違ったことを選ぶこと

最悪の策は何もしないことを選ぶこと」

起業に関して迷っているなら

何か参考になれば嬉しいです

最後までお読み頂きありがとうございます